img_02

相続の手続きは弁護士に

人が亡くなった場合、故人が残した預貯金や不動産、投資信託や自動車、宝石などの資産は血縁関係者に相続されることになっています。

民法では、その相続に関する権利や手続き、順番や分配の割合について細かく定められています。

そのため、普段法律に疎い人にとっては、遺産分配や手続きについて戸惑う方もいらっしゃいます。

相続の弁護士はかなり有益な情報が揃っています。

その場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。
遺産に関する法律相談は一番身近な内容のため、市などが主催しているセミナーなどで無料で弁護士に相談できるコーナーが設けられていることが多いため、それを利用する方も大勢いらっしゃいます。

NAVERまとめはかなり有益な情報が揃っています。

相続の基本としては、故人の配偶者と子どもが財産を引き継ぐのが一般的です。



しかし、故人に配偶者や子どもがいない場合は、相続する血縁関係者やその分配方法などが変化していきます。

子どもがおらず、配偶者と故人の両親が健在の場合は、配偶者と両親が財産を引き継ぐことになります。

子どもがいる場合は、配偶者が引き継ぐことができる財産の割合は、2分の1ですが、子どもがいない場合は配偶者の割合は変化していきます。


配偶者と親が引き継ぐ場合は、配偶者が3分の2になり、残りの3分の1が両親が引き継ぐことになります。

配偶者と故人の兄弟姉妹しかいない場合は、配偶者の割合は4分の3になり、残りの4分の1を兄弟姉妹の数で分け合う形になります。

このように残された家族のパターンによって、遺産の分配方法は変化していきます。

また、遺言者を残したい場合にも一度弁護士に相談することをおすすめします。

民法では、遺言者での遺産相続を優先しますが、その遺言者の書き方に不備がある場合は、無効になることもあるからです。